住まいの選び方のポイント

収納スペースが多い住まい

住まいの選び方のポイント 今の住まいは土地が狭いので縦長の作りになっている事が多く、収納スペースというのも住まいの中には工夫されていることが多くなっています。たとえば玄関には入ってすぐのところにちょっとしたウォークインクローゼットがあり、そこには折りたたみの自転車を入れたり子供が遊ぶ用具を入れておく事ができます。またウォークインクローゼットは住まいの間取りになっていることもあり、高級なマンションには衣類や靴だけを置くウォークインクローゼットもあります。

また学生や社会人に人気のあるワンルームマンションにはロフトがある部屋も多く、ロフトがあることでそこに荷物を収納しておく事ができるスペースとして使えます。他にもファミリー向けの住まいには屋根裏部屋があることも多いので、屋根裏部屋があることで普段使わない荷物をそこに収納しておく事ができます。住まいにはふすまがなくなっていることでお布団などの寝具を収納する場所がなく、屋根裏部屋があるとシーズンオフの寝具も入れて置けます。

他にも住まいの収納には水周りの用品を入れておく収納スペースも必要で、今の住まいには隙間収納といって細い部分や狭い部分を利用している収納スペースもあります。

注目のキーワード

Copyright (C)2019住まいの選び方のポイント.All rights reserved.