住まいの選び方のポイント

住まいを利用するときのリバースもゲージの仕組み

住まいの選び方のポイント 住宅のことを考えるのは若い人だけではありません。これから購入をしてローンを払っていく人だけでなくすでにローンの支払いを終えた人もいます。子育ても終わりあとは老後の生活をしようと考えている人たちです。ローンの返済が終わっていますから住宅であったり土地はすでに自分の所有になっています。そのまま住み続けても売却してもよい状態です。

住まいのことを考えるときにリバースもゲージと呼ばれる言葉が出てくることがあります。若い人が利用するよりも高齢者が利用することになりそうです。住宅などの資産を持っていながら生活費が足りないと考えている人がいます。この場合にその住宅に住みながら生活費を借ります。借りるのはよいですがすでにリタイアしているので働いて返済することはできません。

借りるときの契約として住宅を担保に入れます。返済はこの住宅を売却することによって得たお金で行う契約にします。住宅ですから一定のお金になります。その分の借り入れをしながら生活ができます。金融機関によって付随するサービスが異なります。単に借入金との相殺をするだけでなく、老後の生活のアドバイスをしてくれる会社もあります。老後も充実させることができる方法を選ぶ必要があります。

注目のキーワード

Copyright (C)2019住まいの選び方のポイント.All rights reserved.