住まいの選び方のポイント

住まいを購入するときに売り主が保険に入っているか

住まいの選び方のポイント 保険は将来のリスクを低減するために利用します。万が一のことでも起きたときに大きなお金が必要になるかもしれません。入っているおかげでそのお金が工面できる場合があります。一方で毎月の支払いを惜しんでしまったために保険金が受け取れない場合があります。となると万が一のことが起きた時に大変になります。自分だけでなく関係者に影響をあたることがあります。

住まいを購入するとき、新築の場合は住宅販売会社から購入することになります。新築ですから見た目は非常にきれいな状態です。誰も使っていませんからピカピカです。それだけを見て契約をすることがあります。住宅は見た目がきれいでも実際に住んでから不具合が生ずることがあります。荷物や人が住宅の中で行動をすればずれが生じたりするかもしれません。

購入者は住宅に問題があったときには一定期間は売り主に修繕を依頼することができます。そして売主はそれに応じる義務があります。売り主が存在すればよいですが存在していないときは受けられません。この時に売り主が一定の保険に加入をしている場合には保険から受けられることがあります。購入をするときに売り主が保険に加入をして将来のリスクに備えているかを確認しておきます。

注目のキーワード

Copyright (C)2019住まいの選び方のポイント.All rights reserved.