住まいの選び方のポイント

住まいの機能として床暖房がついているか

住まいの選び方のポイント 日本には四季があり厳しい夏の暑さ、冬の寒さに耐えて住まなくてはいけません。春や秋の期間はそれほど長くなくそのほかは少し暑い、少し寒い期間になります。元々の日本の住まいは主に夏に住みやすい設計がされていました。屋根が高めに設定されていて風通しがよくなっています。その分冬は少し寒くなりがちでした。現在はエアコンによって寒さと暑さを乗り切る仕組みになっています。

ついていて便利な設備として人気になっているのが床暖房です。床の下の部分にお湯が流れるパイプが通してあったり電気の熱が伝わる仕組みが設置してあります。その名のとおり設定をすると床からじわじわと暖かくなります。エアコンやストーブは熱を空気中に送り込んだりするので空気が悪くなったり乾燥を進めたりします。でも床暖房は空気に影響はせず乾燥が進むわけではありません。

問題はいつ設置するかです。購入するときにすでに設置されていれば問題ありませんが設置されていないところにこれから設置しようとすると大変な場合もあります。エコな仕組みであれば太陽光や太陽熱を組み合わせることがありますがその場合も配管などを行わなくてはいけないので大変な工事になることもあります。小さい子供がいたり高齢者がいるときによい効果が得られそうです。

注目のキーワード

Copyright (C)2019住まいの選び方のポイント.All rights reserved.